ナンシー梅木さん 安らかに・イイ女-タレント・アイドル・女子アナ・スポーツ選手・有名なイイ女のニュースを日々とりあげるイイ女ニュース!!!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンシー梅木さん 安らかに


日本人唯一のアカデミー賞受賞俳優である、ナンシー梅木さんが
なくなられていたそうだ。
今でこそ、映画界、野球界などなど、アメリカで活躍する人は
大勢いるが、彼女が活躍したのは、今からおよぞ半世紀前である。

【ロサンゼルス國枝すみれ】日本人俳優として唯一、米アカデミー賞を受賞したナンシー梅木さんが米ミズーリ州リッキングの老人ホームで8月28日に死去したことが分かった。死因はがんで、78歳だった。ワシントン・ポスト紙が5日報じた。

 梅木さんはハリウッド映画「サヨナラ」(1957年)で、朝鮮戦争時に日本に駐留した米兵と恋に落ち、心中する日本人女性を演じて、58年3月に第30回アカデミー賞助演女優賞を獲得した。相手の米兵を演じたレッド・バトンズさんも助演男優賞を受賞している。
 本名は梅木美代志。1929年、北海道小樽市生まれ。ジャズ歌手となり、55年に渡米。56年にCBSテレビの「アーサー・ゴドフリー・ショー」で英語で歌をうたい、注目されたことが、翌年のハリウッドデビューにつながった。「サヨナラ」以外の主な出演作品はコメディー映画「嬉し泣き」(61年)や「戦略泥棒作戦」(62年)など。
 58年にはブロードウェーミュージカル「フラワー・ドラム・ソング」で中国から来たピクチャーブライドを演じた。テレビドラマ「エディのすてきなパパ」(69~72年)にお手伝い役としてレギュラー出演もこなした。
 テレビディレクターのフレドリック・オピーさんと結婚したが、離婚。68年にドキュメンタリー監督のランドール・フッドさんと再婚し、76年に死別。ハワイ、カリフォルニア州に住んだ後、晩年は息子夫婦がいるミズーリ州で暮らしていた。

もちろん、自分はリアルタイムで知るはずもないが、
半世紀前に、挑戦者として、アメリカにわたり、活躍した彼女には、
敬意を表したいと思ふ。

彼女の晩年が幸せであったこと、ご冥福を心よりお祈りする。

ナンシー梅木の関連商品

(引用:ヤフーニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070906-00000042-mai-soci

スポンサーサイト
Copyright © イイ女ニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。